お知らせ:12/24 ライブドアブログより移転しました

@onefive、メジャー1st アルバム「Classy Crush」リリース&リード曲「OZGi」MV公開

さくら学院情報局より
onefiveの新曲「OZGi」のMVが公開されています。

 待望のメジャー1stアルバム「Classy Crush」をリリース!


ドラマ・映画出演+主題歌でメジャーデビュー後、日本発のダンス&ボーカルを発信するガールズグループとして作品を重ねてきている19歳4人組ガールズグループ@onefiveのメジャー1stアルバム「Classy Crush」。
日本の強い女の子を描いた楽曲を、Ryosuke “Dr.R” Sakai、☆Taku Takahashi(m-flo)、SUNNYといった気鋭プロデューサーに加え、コレオグラファーにKAITA(Rht.)、Rena(Rht.)などを迎えて作り出してきた彼女たちが、「Japanese Classy Crush」を掲げてアルバムのリード曲として制作した新曲「OZGi」を筆頭に、Amazonプライム・ビデオの新CMに起用された「Mr.Gorgeous」など全12曲を収録した、ガールズグループとして大きく飛躍するフルアルバムとなっている。




 リード曲「OZGi」のMusic Videoも公開


リード曲「OZGi」は、日本の奥深い美しさの一つ「お辞儀」をテーマにしたパワーソングで、コレオグラフはKAITA(Rht.)、GENTA YAMAGUCHI が担当。お辞儀を繰り返したり、生花や硯で墨をする動作をモチーフにした日本らしさが詰まっているコレオグラフに要注目だ。そして”OZGi=お辞儀”に込められたありがたみ(感謝)を伝えるべくTikTokでは様々なOZGiダンスが投稿されている。ぜひ色々なシチュエーションで真似して見てほしい。

アイテム

created by Rinker
トイズファクトリー
¥9,084 (2024/05/30 14:02:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
トイズファクトリー
¥7,443 (2024/05/30 14:02:43時点 Amazon調べ-詳細)
シェアしてくれるとうれしいです!

大団円を迎えたワールド・ツアーを徹底総括!/BABYMETAL/〜ツアー完遂、そして“次"の時代へ…!!
YOUNG GUITAR(ヤング・ギター)2024年06月号

表紙・巻頭特集はBABYMETAL! 2023年1月の幕張公演以降、全世界25ヵ国、国内外通算98公演を実施、そして2024年3月に日本・沖縄の地にて、ついにツアー・ファイナルを迎えた“BABYMETAL WORLD TOUR 2023 - 2024”。自身最大規模となった同ワールド・ツアーから、ハイライトとなった今年3月の横浜&沖縄公演を徹底レポートします。

特別付録:BABYMETALオリジナル・ポスター
METAL HAMMER JAPAN (メタルハマー・ジャパン) Vol.15 (表紙&巻頭:BABYMETAL)

SU-METAL、MOAMETAL、MOMOMETALとして、さらなるメタル・ロードを突き進む“新生”BABYMETAL。現在はワールド・ツアー中となる彼女たちの声を、現地からピックアップ! 

BABYMETAL最新アルバム
THE OTHER ONE (通常盤)

初のコンセプトアルバム『THE OTHER ONE』リリース!今作は、我々の知らなかった BABYMETAL のもうひとつの物語をコンセプトにしたアルバムとなる。まだ誰も知らない全10曲(すべて新曲・新録)の内容がこのコンセプトアルバムでクリアになる。

14件のコメント

お辞儀じゃなくて新種のヘドバンやけど、実際にやるとお腹が猛烈に厳しい(笑)

売れないグループってダンスに比重おきすぎて歌が全然入ってこない
歌声に何の特長も無し
一曲座って感情入れてバラードでも歌えば

リリイベだいぶ若い人や女性が増えたな。3〜4割くらいには増えてるように見える。何聴かせてもケーポケーポ言っちゃうおっさんよりも若い層にガンガンアピールしていってほしい。

まぁ本人達もK-popの曲でダンスしてる動画インスタ等に上げてるからな好きだからこそ踊ってるんだろ

そういえばメジャーデビュー前後くらいにマルさんのインスタでお子さん誕生の報告があったなあ、それも関係あるかも。
ベビやパフュみたいに一つのダンスを続ければ洗練されていき、いろんなダンスをやれば表現の幅が広がる、て感じかなと。自分としては今の方向性はいいと思うな。

関係ないと思う。
今のonefiveの振り付けをしてる人達は、エイベックスのダンスチームの元メンバー(KAITAさん、Renaさん、ASUPIさん)やエイベックスのダンス講師(KANATAさん)などで、もうMIKIKO先生流ではなくなっているようだよ。

コメントを残す