お知らせ:12/24 ライブドアブログより移転しました

BABYMETALの姿に涙が止まらなくなるのDEATH! 3人の少女たちが挑んだ偉業の記録

no title

1: 2016/11/25(金) 06:15:51.44 _USER9

no title

ここ数年の国内外における快進撃は言うに及ばずではあるが、今年はさらにその規模を拡大したBABYMETAL。4月にセカンド・アルバム『METAL RESISTANCE』を世界同時リリースし、日本のみならず欧米各国のチャートを席巻し(USビルボード総合チャートでは39位に!)、それを引っ提げたワールド・ツアーはイギリス、ドイツ、フランスなどヨーロッパを中心に、アメリカや日本(東京ドーム2日間で計11万人動員)で開催された。その合間にはUKの〈Download Festival〉など欧州各地の大型フェス、日本では〈フジロック〉〈サマソニ〉〈RISING SUN〉〈ROCK IN JAPAN〉の4大フェスに総出演と、なんだかもう途轍もないことになっている。さらに12月にはレッド・ホット・チリ・ペッパーズのUKツアーのゲストとして共に回るほか、米ワーナーブラザーズの短編アニメーション化が決まるなど、スケールが大きすぎてなぜか汗が……。

そしてこのたび、激動のワールド・ツアーのオープニングを飾ったロンドンはウェンブリー・アリーナでの日本人初の単独公演が、「LIVE AT WEMBLEY」としてDVD/Blu-ray化される。ウェンブリー・アリーナとはロンドンで3番目の規模だという屋内競技場で、キャパは12,500人。そんな大きな会場にもかかわらず、表情を引きつらせることなく時にキリッと、時にキュートすぎる笑顔を振り撒いて歌い踊る堂々としたパフォーマンス――数々の大舞台を踏んできたとはいえ、まだ10代の女の子たちであるからして……末恐ろしい。そして今回は、かねてよりBABYMETALラヴァーを公言するジャズ・ピアニストの西山瞳氏にこのエピックな公演をレヴューしてもらった。自身もメタルをジャズ・カヴァーするピアノ・トリオ=NHORHMを率いて、BABYMETALはカヴァー済! メタルへのリスペクトが深いからこそのパッション溢れる内容なので、ぜひ読んでみてほしい! *Mikiki編集部

http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/12696



762: 2016/11/23(水) 08:50:07.98
BABYMETALの場合、最初に抱いた違和感はむしろその後で偏愛の対象になります 

781: 2016/11/23(水) 09:59:03.16
>>762
この人も外せないだろ。全豪No.1ヴァイオリニスト石川綾子がBABYMETALのメギツネをカバー。
ニックネームがYAVA!
BABYMETAL メギツネ/石川綾子 

790: 2016/11/23(水) 10:26:40.86
西山さんの評、今読んだ
共感しきり
この人いい人だよね

799: 2016/11/23(水) 10:41:48.72

857: 2016/11/23(水) 12:27:53.83
>>799
知ってたけど、サンキュ!
西山さんのはパララックスのライブ盤と
当然、NHORHMは持ってる
ツレに怒られるの覚悟で、NHORHM Ⅱをポチるか思案中

引用元:http://karma.2ch.net/test/read.cgi/babymetal/1479885553/

アイテム

created by Rinker
トイズファクトリー
¥9,084 (2024/05/20 14:00:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
トイズファクトリー
¥7,459 (2024/05/20 14:00:46時点 Amazon調べ-詳細)
シェアしてくれるとうれしいです!

大団円を迎えたワールド・ツアーを徹底総括!/BABYMETAL/〜ツアー完遂、そして“次"の時代へ…!!
YOUNG GUITAR(ヤング・ギター)2024年06月号

表紙・巻頭特集はBABYMETAL! 2023年1月の幕張公演以降、全世界25ヵ国、国内外通算98公演を実施、そして2024年3月に日本・沖縄の地にて、ついにツアー・ファイナルを迎えた“BABYMETAL WORLD TOUR 2023 - 2024”。自身最大規模となった同ワールド・ツアーから、ハイライトとなった今年3月の横浜&沖縄公演を徹底レポートします。

特別付録:BABYMETALオリジナル・ポスター
METAL HAMMER JAPAN (メタルハマー・ジャパン) Vol.15 (表紙&巻頭:BABYMETAL)

SU-METAL、MOAMETAL、MOMOMETALとして、さらなるメタル・ロードを突き進む“新生”BABYMETAL。現在はワールド・ツアー中となる彼女たちの声を、現地からピックアップ! 

BABYMETAL最新アルバム
THE OTHER ONE (通常盤)

初のコンセプトアルバム『THE OTHER ONE』リリース!今作は、我々の知らなかった BABYMETAL のもうひとつの物語をコンセプトにしたアルバムとなる。まだ誰も知らない全10曲(すべて新曲・新録)の内容がこのコンセプトアルバムでクリアになる。

9件のコメント

歌とダンスに神バンドの演奏と単体でも素晴らしいものを集めた結果、今までに無かった不思議な魅力になってるよなぁ。
ベビメタを知って音楽も食わず嫌いは良くないと思うようにはなったが、今まで好きだったものにもそんなに魅力を感じなくなってしまったw

素直でとても良い感想だとおもう。共感する部分はいっぱいあるね。ベビメタは「なんじゃこりゃあ~」がキーワード。

メタル好きなジャズ演奏家ってポジションが興味を弾きます。出来ればもっとメタルに近い
ジャズの表現をお願いしたい。メタル→ジャズ、メタル←ジャズでは、その寄せ方で
出来上がるものがまったく違うと思うし、それに凄く興味が湧きます。

>>3
こちら側へようこそww

ウェンブリーも最高ですがトリロジー、ロンドン、武道館、レジェンドシリーズもオススメですよ

あとファンカムも色々な味がアルからオススメです。
私はファンカムフェスならフォルタロックやオープンエアーが好きです 

ウェンブリーのBD、WOWOWで見たよりぜんぜんよかったなあ。あたりまえだけど、絵がきれい、音がいい。で、やっぱり海外のライブは空気感が違うんだよなあ。ドームのBDはどえりゃことになりそう。
外人さんの「イマナンジ」「ヨンヨン」はいつも笑ってしまう。

>>
BABYMETALの場合、最初に抱いた違和感はむしろその後で偏愛の対象になります

…まさにその通りDEATH!
最初はなんじゃこりゃ?ゆいもあイラナクネ、とそっとじした自分が懐かしい。

すうさんの声にヤラレ、神バンドの技術にヤラレ、ゆいもあのダンスにヤラレ、
神含めベビメタ関係者のバックグラウンドや人柄全てにヤラレ
現在はベビーメタルな日々を過ごしております!
まさかクラブDJの自分が『ゆいちゃんマジゆいちゃん』となるとは思いもしませんでした。

欲を言えばTシャツの増産お願いしますww

うぅ~、泣けてくる。この人言いたいこと全部言ってくれた。有り難うございます。貴女にも幸運が訪れますように!

コメントを残す