お知らせ:12/24 ライブドアブログより移転しました

BABYMETAL「 Divine Attack – 神撃 –」を買うとすぅさんに印税届けられる

DwAH8Dux

BABYMETAL、新曲配信スタート SU-METALが初の作詞手がける

昨年、10周年イヤーを終え、封印されたBABYMETALの数々のLEGEND。そして、2022年4月より石化されBABYMETALを復元する計画「THE OTHER ONE」がバーチャルワールド“METALVERSE(メタルバース)”で始動。コンセプトアルバム「THE OTHER ONE」は、「THE OTHER ONE – BLACK BOX」に封印されていた、時空を超えて存在する10個のパラレルワールドそれぞれの世界をテーマに復元された楽曲10曲を収録。
今回は、復元されたパラレルワールド「CAVALRY」をテーマにした新曲「Divine Attack – 神撃 -」を世界同時配信。

“The time has come.”。ついに時はきた。道なき道を進んできたBABYMETALが、次に進む先はどこなのか。まさに闘いに向けて、未来に向けて駆け出す騎馬隊のような疾走感溢れる今作品は、SU-METALが初めて作詞を手掛け、楽曲にさらなる力強さを添えている。また、同時に公開されたOFFICIAL VISUALIZERは、「THE OTHER ONE – BLACK BOX」のメンバー未公開カットを含み、楽曲の躍動感を伝える内容となっている。



 みんなの声

アイテム

created by Rinker
トイズファクトリー
¥9,084 (2024/05/24 14:01:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
トイズファクトリー
¥7,459 (2024/05/24 14:01:56時点 Amazon調べ-詳細)
シェアしてくれるとうれしいです!

大団円を迎えたワールド・ツアーを徹底総括!/BABYMETAL/〜ツアー完遂、そして“次"の時代へ…!!
YOUNG GUITAR(ヤング・ギター)2024年06月号

表紙・巻頭特集はBABYMETAL! 2023年1月の幕張公演以降、全世界25ヵ国、国内外通算98公演を実施、そして2024年3月に日本・沖縄の地にて、ついにツアー・ファイナルを迎えた“BABYMETAL WORLD TOUR 2023 - 2024”。自身最大規模となった同ワールド・ツアーから、ハイライトとなった今年3月の横浜&沖縄公演を徹底レポートします。

特別付録:BABYMETALオリジナル・ポスター
METAL HAMMER JAPAN (メタルハマー・ジャパン) Vol.15 (表紙&巻頭:BABYMETAL)

SU-METAL、MOAMETAL、MOMOMETALとして、さらなるメタル・ロードを突き進む“新生”BABYMETAL。現在はワールド・ツアー中となる彼女たちの声を、現地からピックアップ! 

BABYMETAL最新アルバム
THE OTHER ONE (通常盤)

初のコンセプトアルバム『THE OTHER ONE』リリース!今作は、我々の知らなかった BABYMETAL のもうひとつの物語をコンセプトにしたアルバムとなる。まだ誰も知らない全10曲(すべて新曲・新録)の内容がこのコンセプトアルバムでクリアになる。

17件のコメント

>>15
youtubeは本格的な音楽を聞くにはちょっと・・・という音質ですからね。

SU-METALの作詞楽曲第2弾は、MONOCHROMEだとみてる

長い長い夜だって やがて朝は来るから~

長い時間を耐え忍んだ身としては、会場ですぅさんが歌い出したら涙ぐむ自信がある

>>8
分かってると思うけど、ダウンロードしたうえで、保存したファイルじゃなくて、サブスクで聞くのが、一番ですよ。

他のスレでも色んな人が書いてたけど、早くライブで観たい
絶対ライブバージョンいいと思う

今回は10のパラレルワールドにおけるbabymetal(the other one)を描くコンセプトアルバム
先行公開metalverse断片の中からCavalryにSuさんの作詞メッセージが沿う形で初陣を飾った

復帰第一弾楽曲はSuさんによる自らとファンを鼓舞する飾らない想いがストレートに響く歌詞
今後創作を重ねる中で読書好きのSuさんならではの視点が濃く反映された描写も出てきそう
Su-MOAの2人が表現する新たな大人かわいい世界観に新曲群がどうコミットしていくか
ステージ演出含め幕張ライブが超絶楽しみで仕方がない

スウちゃんの歌声に惚れてから10年か ますます魅力的な声になっている

最近のJ-POP、特にいわゆるボカロ曲系の影響か、難しい単語の羅列や捻った言い回しを多用した楽曲を結構耳にするけど、この曲は結構ストレートでシンプルな言葉が使われてる。
乱暴な言い方だけど言葉の華美だけなら意外とアマチュアでも作れそうな歌詞ではある。
でも、文字通り「最前線で戦い続けて勝ち取ってきた」SU-METALがこの歌詞を書いたということに凄く感動する。
歌い方も含めて小手先のテクニックに頼らず直球勝負のイメージで、なんだかすごくSU-METALらしい歌だな、という印象。

この曲は存在するテーマに沿って作詞したと思うので、
将来、等身大の自分の想いも曲にして聴かせてくれると嬉しい。

すうちゃん作詞したのはこの曲だけかな?
もあちゃんも作詞した曲あるのかな?

高橋ジョ-ジがロ-ドの印税で充分食っていけるような話していたね
スウちゃんもいっぱい曲作って下さい。ボクは買います。

初めてフィジカル以外の曲を購入した
261円の内、SUにいくらいくのだろう?

今まで歌唱印税は入ってきてたと思うけど、作詞印税が入るってことは俗にいうカラオケ印税も入るってことですよね
ま、私はカラオケに入ってもとても歌えないと思うけど

コメントを残す