お知らせ:12/24 ライブドアブログより移転しました

「METAL GALAXY」発売までを簡潔にまとめたKERRANGの記事

ENCIA0IUUAAp3v3

アイテム

created by Rinker
トイズファクトリー
¥9,084 (2024/06/15 14:03:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
トイズファクトリー
¥7,432 (2024/06/15 14:04:15時点 Amazon調べ-詳細)
シェアしてくれるとうれしいです!

大団円を迎えたワールド・ツアーを徹底総括!/BABYMETAL/〜ツアー完遂、そして“次"の時代へ…!!
YOUNG GUITAR(ヤング・ギター)2024年06月号

表紙・巻頭特集はBABYMETAL! 2023年1月の幕張公演以降、全世界25ヵ国、国内外通算98公演を実施、そして2024年3月に日本・沖縄の地にて、ついにツアー・ファイナルを迎えた“BABYMETAL WORLD TOUR 2023 - 2024”。自身最大規模となった同ワールド・ツアーから、ハイライトとなった今年3月の横浜&沖縄公演を徹底レポートします。

特別付録:BABYMETALオリジナル・ポスター
METAL HAMMER JAPAN (メタルハマー・ジャパン) Vol.15 (表紙&巻頭:BABYMETAL)

SU-METAL、MOAMETAL、MOMOMETALとして、さらなるメタル・ロードを突き進む“新生”BABYMETAL。現在はワールド・ツアー中となる彼女たちの声を、現地からピックアップ! 

BABYMETAL最新アルバム
THE OTHER ONE (通常盤)

初のコンセプトアルバム『THE OTHER ONE』リリース!今作は、我々の知らなかった BABYMETAL のもうひとつの物語をコンセプトにしたアルバムとなる。まだ誰も知らない全10曲(すべて新曲・新録)の内容がこのコンセプトアルバムでクリアになる。

5件のコメント

紅白ユーミンのバックバンドが豪華だった
名前くらいクレジットしろよクソNHK

松任谷正隆(ティンパン・アレー)
鈴木茂(はっぴいえんど/ティンパン・アレー)
小原礼(サディスティック・ミカ・バンド)
林立夫(ティンパン・アレー)

>>1
記憶が正しければ、2014の3月にガーディアン紙のジャスティン・マッカリー東京特派員が初めて寄稿したのを、同じくガーディアン紙音楽部門のドム・ローソンが引き継いで、同紙とメタルハンマーに書き始めたのが始まりで、ケラングが食いついたのは同年夏のソニスフィア以降だと思う。
ケラングは2015年から購読してるが、ベビメタの文字や写真の無い号が何ヶ月も続くことはなく、毎年コンスタントに取り上げてくれてる。セカンドアルバム発表とウェンブリーのあった2016年春からは特に特集や表紙になることが増え、YUIMETALの出演しなくなった2017年以降も変わらず(むしろ増えた気がする)記事になってるし、昨年からポスターも入るようになった。
なので「再発見」には違和感あるな。

イギリスの音楽雑誌でベビメタを発見したのはケラングだったと思う。
その後、メタルハマーがひいきしてくれたが、
最近は、ケラングがベビメタを再発見してくれたように思う。
ベビメタの音楽性に沿っているようだ。

コメントを残す