お知らせ:12/24 ライブドアブログより移転しました

聖飢魔ⅡはBABYMETAL以前に紅白出場を果たしたヘヴィメタル

8rSefN4Q


コロナ禍の激動が続く中で幕を閉じつつある2020年。
恒例のNHK紅白歌合戦への出場者に、BABYMETALの名前があることには、とても驚かされた。
彼女達のライヴを僕が初めて観たのは2012年だったけど、その時点で将来、紅白に出場を果たすとは、正直想像すらできなかった。

華やかな紅白の舞台にもっとも似合わないヘヴィメタルバンドとして、初めて降臨したのが、X JAPANでも昨年のキッスでもなく、1989年の聖飢魔Ⅱだった。
(略)
BABYMETALのように、メタルにプラスアルファの要素を兼ね備えたアーティストの躍進が、現代のHM/HRシーンを支え、裾野を広げる原動力となっている。
それは、35年前、ヘヴィメタルに悪魔教を掛け合わせた、まさに聖飢魔Ⅱによって実践された方法論と重なる。時代の先の先まで予言していたのは、図らずも悪魔のほうだったのが、証明されたのかもしれない。

アイテム

created by Rinker
トイズファクトリー
¥9,084 (2024/06/24 14:06:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
トイズファクトリー
¥7,432 (2024/06/24 14:06:20時点 Amazon調べ-詳細)
シェアしてくれるとうれしいです!

大団円を迎えたワールド・ツアーを徹底総括!/BABYMETAL/〜ツアー完遂、そして“次"の時代へ…!!
YOUNG GUITAR(ヤング・ギター)2024年06月号

表紙・巻頭特集はBABYMETAL! 2023年1月の幕張公演以降、全世界25ヵ国、国内外通算98公演を実施、そして2024年3月に日本・沖縄の地にて、ついにツアー・ファイナルを迎えた“BABYMETAL WORLD TOUR 2023 - 2024”。自身最大規模となった同ワールド・ツアーから、ハイライトとなった今年3月の横浜&沖縄公演を徹底レポートします。

特別付録:BABYMETALオリジナル・ポスター
METAL HAMMER JAPAN (メタルハマー・ジャパン) Vol.15 (表紙&巻頭:BABYMETAL)

SU-METAL、MOAMETAL、MOMOMETALとして、さらなるメタル・ロードを突き進む“新生”BABYMETAL。現在はワールド・ツアー中となる彼女たちの声を、現地からピックアップ! 

BABYMETAL最新アルバム
THE OTHER ONE (通常盤)

初のコンセプトアルバム『THE OTHER ONE』リリース!今作は、我々の知らなかった BABYMETAL のもうひとつの物語をコンセプトにしたアルバムとなる。まだ誰も知らない全10曲(すべて新曲・新録)の内容がこのコンセプトアルバムでクリアになる。

11件のコメント

DNAっつうかパロディだけどな

パロディも才能ある大人が本気でやると
一周回ってオリジナル・本物に化ける

聖飢魔IIの創始者のダミアン浜田が教師退職してバンドをプロデュースしとるけどう~ん?て感じ

メタルの血脈は連綿と受け継がれ発展していき、現代に狂い咲くKawaiiMetalへと繋がってる
ある日突然ポンっと既存の音楽シーンと何の関わりもなく単独で生まれる音楽なんて無いのよ
KOBAのベビメタ構想もSu・MOAが今持ってるメタル観も過去のメタルシーンから繋がる必然
であり帰結だから、メタルシーンの偉大な先人アーティストへのリスペクトを忘れてはいけない

聖飢魔ⅡやXが紅白初出場した頃ってまだ3人とも生まれてないので知りません
しかしファンはおっさんばかりなので、へーって別に何とも思いませんww

コメントを残す