お知らせ:12/24 ライブドアブログより移転しました

METALVERSEの次回公演は“METALVERSE #3 – GARDEN OF EDEN”

METALVERSE現象が再び出現、豊洲PIT2DAYS 2024.2.10〜2.11

全10曲、ランニング・タイム約55分という疾風怒濤のライヴ・パフォーマンスで鮮烈な印象を残し、それゆえに「早くまた次が観たい!」と思わされた時点ですでにその術中にハマっているのかもしれない──去る2月10日と11日の2日間にわたり、豊洲PITにて開催されたマルチバース・プロジェクト:METALVERSEによるワンマン・イベント第2 弾“METALVERSE #2 – THE END OF THE INNOCENCE”。冒頭に記したように時間的なヴォリュームこそコンパクトなものだったが、まさに今ここから未来に向けて駆け上がっていこうとする、黎明期ならではの瞬間を凝縮した、本プロジェクトにかけるメンバーの真摯な想いが伝わる空間であった。

要所で流れるストーリー・ムービーや、バトルスーツに身を包むメンバーのアピアランスなどはBABYMETALの世界観に通じるものの、当然ながらその実像は似て非なるものだ。やはり百聞は一見に如かず。まずはライヴという実践によってMETALVERSEとは何たるかを証明していっている感があり、それは今後も続いていくことだろう。その上で、ここに音源リリースも加わり曲が浸透すれば、さらなる爆発力を持つ場面になるに違いないと感じられる瞬間も度々あった。次回公演は“METALVERSE #3 – GARDEN OF EDEN”――このチームゆえ、そこでは着実により進化した姿を見せてくれるはずだ。

 みんなの声

アイテム

created by Rinker
トイズファクトリー
¥9,657 (2024/04/17 13:56:09時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
トイズファクトリー
¥8,100 (2024/04/17 13:56:10時点 Amazon調べ-詳細)
シェアしてくれるとうれしいです!

新生BABYMETALお披露目初表紙
ぴあMUSIC COMPLEX(PMC) Vol.29(表紙:BABYMETAL)

1月のライブより、復活の儀式を展開していたBABYMETALを大特集。さまざまな思いが交錯したこのときの思いを語ってもらいました。

特別付録:BABYMETALオリジナル・ポスター
METAL HAMMER JAPAN (メタルハマー・ジャパン) Vol.15 (表紙&巻頭:BABYMETAL)

SU-METAL、MOAMETAL、MOMOMETALとして、さらなるメタル・ロードを突き進む“新生”BABYMETAL。現在はワールド・ツアー中となる彼女たちの声を、現地からピックアップ! 

BABYMETAL最新アルバム
THE OTHER ONE (通常盤)

初のコンセプトアルバム『THE OTHER ONE』リリース!今作は、我々の知らなかった BABYMETAL のもうひとつの物語をコンセプトにしたアルバムとなる。まだ誰も知らない全10曲(すべて新曲・新録)の内容がこのコンセプトアルバムでクリアになる。

3件のコメント

善し悪しだねバンド居ないとライブ出来ない、先は如何成るか分からないけどね

コメントを残す